営業品目|アルマイト・ブラスト・ヘアライン・表面処理全般の小海ネームプレート製作所

株式会社 小海ネームプレート製作所

ホーム > 営業品目

陽極酸化処理(アルマイト、アノダイズ処理)

普通アルマイト

普通アルマイト、白アルマイト、シルバーアルマイトなど、様々な呼称で呼ばれています。希硫酸浴で処理するアルマイト処理です。
MIL規格ではMIL-A-8625 タイプ2(TypeⅡ)、JIS規格ならJIS H 8601で適用される処理です。
皮膜の厚さは6~25μm程で、染色することも可能な処理です。当社では20色以上の色を常備しております。また、ご希望な色の処理も可能でございますのでご相談下さい。

硬質アルマイト

MIL規格ではMIL-A-8625 タイプ3(TypeⅢ)、JIS規格ならJIS H 8603で適用される処理です。
皮膜の硬度が普通アルマイトより硬く出来ます。但し、材質で硬さに幅がこざいます。
また材質によって自然に発色する色が変わります。
皮膜の厚さは10~80μm程で、硬度もHv硬度で200~600Hv程で処理が可能です。
また、硬質アルマイト後に潤滑処理を施す潤滑アルマイトも可能でございます。
※ご注意下さい→タフラム処理という呼称は、アルバックテクノ㈱様「TUFRAMR/タフラム」のライセンス品のことです。

長尺・大型・重量物

5M、3M角、重量物のアルマイト処理も対応出来ますのでご相談下さい。

化学皮膜処理

アロジン#1000・アロジン#1200 [ALODINE-1000&1200]

六価クロムを含有する化学皮膜処理です。六価クロムが含有しますのでRoHS指令には対応いたしません。
MIL規格では、MIL-QPL-81706並びにMIL-C-5541 Class1AとClass3に適用され、皮膜の色は黄金色と無色の処理で、主に航空機、防衛関係で使われる処理です。

サーテック650 [SURTEC650]

三価クロムを含有する処理です。六価クロムは含有しませんのでRoHS指令は対応します。
MIL規格では、MIL-QPL-81706並びにMIL-DTL-5541 TypeⅡ Class1AとClass3に適用され、皮膜の色は無色の処理です。

アルサーフ315M [ALSURF315M]

クロム化合物は使用せずに、その代用としてジリコニウムを使用する処理です。クロムはまったく含有しませんのでRoHS指令に対応します。被膜の色は無色の処理です。

ケミスターAL202 [CHEMISTAR AL202] 

クロム化合物は使用しない処理です。クロムはまったく含有しませんのでRoHS指令 に対応します。

不動態化処理

パシベート処理 TypeⅡ・TypeⅥ

ステンレス製品への防食処理です。AMS規格でQQ-P-35とAMS2700のTypeⅡとTypeⅥに適用します。

電解研磨処理

電解研磨処理

ステンレス製品をリン酸を主成分とする溶液に浸漬して、製品に直流の電気を流し、製品表面を均一に溶解させることで表面光沢度を上げる処理です。

化学研磨・化学梨地処理

化学研磨・化学梨地

製品を各々の処理液で処理することで、化学的に光沢を出したり、梨地調に調整する処理です。

ブラスト・ヘアライン・バフ研磨加工

ブラスト

鉄粉・アルミナ・ガラスなどのメディアを圧搾空気と一緒に製品表面に打ち付けることで、製品表面を梨地調に調整する加工です。化学梨地より一層梨地調になります。

ヘアライン

アルミやステンレスの表面に、研磨紙、ブラシなどを使用して連続のヘアラインを加工します。

バフ研磨

布羽レースを高速で回転され、そこに製品を押し当てて表面を研磨します。鏡面のような光沢を出すことも可能です。

蒸気封孔

蒸気封孔

蒸気缶(クレープ )にアルマイト処理が完了した製品を入れ、水蒸気で蒸気缶を加圧されることで飽和蒸気温度を100℃以上にして封孔する方法です。
通常の封孔方法は、酢酸ニッケルを添加した温水で封孔しますが、RO水で加圧された水蒸気のみで封孔することで、
封孔性能が向上し、添加される薬品がありませんのでクリーンな封孔になります。

マスキングその他

マスキング処理

アルマイト前のアルミニウムは、電気をよく通しますが、アルマイト後のアルマイト皮膜は電気を通さない絶縁体となります。したがって、アルマイト後の製品にはアースが取れなくなってしまいます。
そこで、アースを取る箇所に前もってアルマイトが付かないようにテープ・塗料・その他資機材などで処置をした後に、アルマイトを処理します。処置した箇所にはアルマイトが付きません。
このような処置がマスキング処理です。他にも、表面調整してある面にアルマイトを載せたくない場合などもマスキングで処置します。
難易度の高いマスキングも手がけておりますので、他社で断られた様な場合でもご相談下さい。

その他アルミニウムへの表面処理全般について

当社では扱わない、メッキ・印刷・塗装など表面処理に関わるものも、技術の高い委託先でお引き受け致します。

処理屋からのお願い

製品にアルマイト加工を予定している設計・加工担当の方へのお願いです。

一昔前では考えられない程、現在はアルマイトへの要求事項が多様化しています。
良い製品をご提供出来るように日々努力はしていますが、より一層の品質の向上のために顧客の皆様にも是非、製品設計時にはご考慮して頂けたらと存じます。

  • アルマイトの生成皮膜は、メッキ皮膜と違い電解液の中で溶解と生成を繰り返し、最終的に電解前の表面から約半分素材下部と素材上部に皮膜が生成します。
    よって、設計時には最終寸法を計算する上で考慮に入れておかないといけません。
  • アルミニウムの材質、調質、材料メーカー等の違いで仕上がり方が若干の違いが出てくることがあります。特に自然発色する硬質皮膜では色調が変わってきます。
    色調を重要視する製品の場合は気を付けなくてはなりません。
  • 上記と関係しますが、アルミニウムの材質は必ず実際使用した材質をお知らせ下さい。特に硬質では材質で処理の方法が変わります。
    特に困ってしまうのは、同一製品を数種類の材質で製造されて、ご注文時には一種類の材質で出来ていると申告頂いて、同じ処理をしますと実際は、複数の種類の材質が混ざっていますから、仕上がりがバラバラ成ったり、焼けをおこしたりと結局、製品が不良に成ってしまいます。
    材質にあっては、必ず実際の状況をお知らせ下さい。
  • 1000ミリ×1000ミリの板状の製品には、おおよそ300~450アンペアの電流を流して電解します。(100cm2当たり1A~3A)普通の家庭のブレーカーが50アンペア位ですので、6~9軒分位の家庭の使用電流を製品に流す訳ですから、製品と電極がそれに耐えうる接続がされていないと抵抗が過大に成り、接点部周辺が熱で焼けたり、溶けたりしてします。そのため製品には十分な接点がとれる孔やネジ穴、出来れば電解接点用に設計時に考慮してもらえると非常に助かります。
  • アルマイト処理の難しい材料として、快削合金の2011や6262など、切削性は優れている様ですが、材料に含有しているPb、Biの存在が処理を難しくしています。他にダイカスト合金ADC12、Cuが多く含有する2000系材です。
  • シャープエッジには皮膜は均一に形成されません。これを防止するにはコーナー部の面取り加工は、「無し<C面<R面」が効果的です。  
  • 製品には出来るだけテープ類の貼付、マジックでのマーキングはお止め下さい。
    テープ類、特に透明なセロテープは識別が困難です。作業工程時に製品の確認は十分に行っていますが、透明なテープですと見逃してしまう可能性が高く、そのまま処理してしまうとその部分は未処理となってしまいます。又、テープの剥がし方次第では、テープの糊が残り同様な不都合が起こります。